自分の考えをいじめ抜いて鍛えれば調整はうまくいく

良いアイデアを思いついたとき、みんなが納得できるような問題の解決策を見つけたとき、やる気に勇んで、すぐに相手と調整をはじめてみたが、見事に返り討ちにあってしまった。。。

そんな体験はありませんか?

私はあります。。。

そんなことを繰り返すうちに、自己防衛本能が働き、相手から批判を受ける前に、自ら自分の考えを批判するようになりました。

自ら批判して、その批判に対する対策を考える。

いろんな角度から、批判してみて、いちいちその批判に答える。

こうしてできた考えは、だんだんと返り討ちにあうことが減りました。

ここから学んだことは、相手に批判される前に、徹底的に、自分の考えを自分で批判し、いじめぬくということです。

いじめ抜くということは鍛錬するということ

金属を鍛錬すると言います。

鍛錬とは、金属を叩いてきたえることです。

これと同じように、自分の考えを批判や反対意見で叩いて鍛えます。

自分の考えを鍛錬すれば、きたえられ、どこから批判されても、反対意見があっても、挫けることはなくなります。

自分ひとりだけは、心もとないと思ったら、チームメイトや同僚などに、手伝ってもらい、批判してもらいましょう。

いじめ抜くポイント

自分の考えをいじめるときのポイントは、相手になってつもりで、批判してみるということです。

  • 反対意見の人になってみる。
  • 上司になってつもりで、批判してみる。
  • 利害関係が対立する他部署のメンバーになって、批判してみる。
  • ミスや弱点を突いてみる。
  • 失敗したときや、予想が外れたときにどうするか突っ込んでみる。
  • 保守的な考えで突っ込んでみる。
  • 革新的な考えで突っ込んでみる。

こんな感じで、いじめます。

こんな時に、いつも否定から入る、否定的な人が周りにいると重宝しますね。

0 件のコメント :

コメントを投稿