品質は信頼性だけじゃない!6つの品質属性とは

品質と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは、故障が少ない、つまり、信頼性が高いということですね。

システム開発における品質は、以下の表のにある6つの品質属性で測定します。

品質属性 説明
機能性 明示的および暗示的にニーズに合った機能を提供すること
信頼性 要求された稼働時間を満たすこと
使用性 要求された時間内に操作などを習得し、ユーザにとって魅力的であること
効率性 資源を効率的に使用し、適切な性能を提供すること
保守性 修正のしやすいこと
移植性 別の環境へ移行しやすいこと

要件定義フェーズでは、機能性に重点をおいて、ステークホルダからヒアリングをしたり、調査、分析をしますが、機能以外にも、上記の品質属性について、きちんと品質要件を定義することが大事です。

機能以外の要件のことを非機能要件といいます。

機能と非機能(機能以外)です。

非機能要件にも、ユーザの要求がある場合があります。

例えば、

  • 負担使っているPCを新しいシステムでも使いたい。
  • 24時間365日システムを使いたい。
  • できる限りキーボードを使わずに、マウスだけで操作したい。

など

非機能要件も、コストや納期を左右することになりますので、しっかりとユーザの要望をヒアリングしてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿