秘密保持契約(NDA)のタイミンングは?

2015/10/05   調達マネジメント

秘密保持契約とは、NDA(Non-disclosure agreement)とも呼ばれ、企業秘密情報や個人情報など、業務によって知り得た情報を第三者に開示したり、提供したりしないという契約です。

機密保持契約、守秘義務契約ともいいます。

この契約は、いつ締結するのが妥当かと言いますと、情報を知り得る前に締結するべきです。

RFI(情報提供依頼)やRFP(提案依頼)を行う前に、こちらの情報を提供する際、秘密情報が含まれる可能性がある場合は、秘密保持契約(NDA)を先に、締結してから取引を開始します。

秘密保持契約(NDA)に記載するべき項目

秘密保持契約(NDA)でチェックする主な項目は以下の通りです。

  • 対象となる秘密情報をできるだけ具体的に書く(●●技術に関する情報など)
  • 除外となる情報(すでに公になっている情報など)
  • 役員や従業員への開示(関係者のみに開示可能など)
  • 複製に関する制限(コピーは許可制にするなど)
  • 契約の有効期間(1年間や無期など)

秘密保持契約に違反した場合、この契約に法的な罰則はありませんので、民事で損害賠償請求などの措置をとることになります。

0 件のコメント :

コメントを投稿